HOME > 公演案内のページ

公演案内

 

 

※演者変更のお知らせ

「石橋」 後見 金春安明→横山紳一

 

解説:宮本圭造

 

能「鷺」

神泉苑に行幸した延喜の帝(ツレ)が池の洲崎に立つ鷺(シテ)に興味を持ち、捕らえるよう家臣の蔵人(ワキ)に命じます。岩間の陰から忍び寄って鷺を狙う蔵人。ところが、鷺は驚いて、ばっと飛び上がってしまいます。蔵人がとっさに「わが君の勅諚であるぞ」と呼びかけると、それを聞いた鷺がまた元の場所へと戻ってきて大人しく蔵人に捕えられるので、人々は「これぞ帝の威光の有り難さよ」と感心するのでした。帝も大いに喜び、蔵人に五位の位を授けるだけでなく、鷺にも五位を与えることにします。さも嬉しそうに舞い遊ぶ鷺。やがて解き放たれ、どこへともなく飛んでいくのでした。

『平家物語』に見える鷺の逸話をほぼそのまま舞台化したような作品。この逸話は、五位鷺の名の由来譚とも言うべきものですが、五位鷺が青い羽色であるのに対し、能『鷺』では白ずくめの扮装で登場します。むしろ白鷺のイメージが投影されていると言えるでしょう。その鷺のシテは、少年や還暦を過ぎた役者が勤めることになっています。今回は、協議会会員のうち六名が還暦を迎えるのを記念し、『石橋』と合わせての上演となります。

 

舞囃子「高砂」舞序破急之伝

摂津国住吉の社頭にやってきた阿蘇の神主の前に住吉明神が現れます。住吉明神は足拍子を踏み鳴らしつつ、御代を祝福する舞を颯爽と舞い、やがて姿を消します。

能『高砂』で通常舞われるのは「神舞」と呼ばれる舞ですが、小書が付くと舞の位や段数が変わることがあります。今回の「舞序破急之伝」は金春流のみの小書で、序・破・急と緩急に大きな変化が付くのが特徴です。

 

舞囃子「東北」

和泉式部が植えたという東北院の軒端の梅。その木陰で僧が法華経を読誦していると、和泉式部の霊が現れ、かつてこの場所で藤原道長が法華経の譬喩品を読誦したのにひかれて和歌を詠んだこと、その和歌の功徳によって成仏し、歌舞の菩薩となったことを語り、梅の香が漂う中で艶やかな舞を舞います。舞囃子では、このうち、和歌の功徳を述べ、東北院の景色のすばらしさを称える場面に始まる最後の箇所が演じられます。

 

舞囃子「鶴亀」

唐の宮殿で年始の節会が行われています。毎年嘉例の鶴・亀の舞が皇帝に一千年の寿命を捧げた後(舞囃子では地謡のセリフのみによって表現されます)、いよいよ皇帝自らが立ち上がり、国土豊かに千代万代と栄えることを祈りつつ、舞楽を舞い始めます。

 

狂言「栗焼」

主人が貰ってきた四十個の栗を客人に振る舞うため、焼栗にせよと命じられた太郎冠者。台所の囲炉裏で栗を焼き始めますが、一つ二つと味見するうちに・・・。

 

半能「石橋」連獅子

入唐した寂昭法師が清涼山を訪れ、苔むした石橋の前に立つと、文殊菩薩の使いである獅子が厳かに姿を現します。獅子は頭を振り、台に飛び乗り、また飛び降りるなどして、牡丹とたわむれるように激しく舞い、千秋万歳の御代を祝福して舞納めるのでした。

獅子舞を見せ場とする能。古来重い習事とされ、戦国期に一時伝承が途絶えていましたが、江戸初期に復活され、現在は各流で演じられています。獅子はシテ一人で演じるのが本来ですが、他にも二人獅子、四人獅子などの形があり、「連獅子」の小書が付く今回の上演でも、紅白から成る二匹の獅子が華麗な舞の競演を見せます。作り物の一畳台の置き所などにも様々なヴァリエーションがあり、そのあたりも注目して御覧ください。

 

チケット 9月1日販売開始

A席 ¥12,000(前売り ¥11,000)

B席 ¥10,000(前売り ¥9,000)

学生席(GB自由席) ¥2,500

 

 

申込み受付

○東京能楽囃子科協議会オンラインチケットサービス

チケットバナー_fig001

○観劇サイト「カンフェティ」チケットセンター

http://confetti-web.com/

電話受付

0120-240-540(平日10:00~17:00)

○国立能楽堂 窓口

 

国立能楽堂座席表

国立能楽堂の地図

国立能楽堂の所在地
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1


大きな地図で見る

お問い合わせ – infomation

電話番号: 03-6804-3114 (平日10:00~17:00)
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る