HOME > 次回公演案内のページ

次回公演案内

平成30年度 東京能楽囃子科協議会定式能

於 国立能楽堂

 

 

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会

 

 

 

 

 

解説:宮本圭造

 

舞囃子「弓八幡」

卯月初卯の神事の場に石清水八幡宮の末社である高良の神が現れます。高良の神は勇壮な神舞を舞い、天下一統の安穏を守る八幡神の威徳を讃えます。

 

舞囃子「経政」

管弦講の弔いに誘われて平経政の亡霊が現れます。経政は生前心を慰めていた楽の音を愛で、しばし舞い遊びますが、やがて修羅の憤怒が彼の中に蘇ります。苦しむ姿を人に見られるのを恥じ、燈火の中に自ら飛び入って姿を消すのでした。

 

舞囃子「熊野」村雨留

平宗盛に連れられて清水寺で花見をする熊野。一面の花盛りとは対照的に、熊野の心は遠くにいる重病の老母を思って憂いに沈んでいます。花見の余興に一さし舞えと言われた熊野は、浮かぬ気持で舞(中ノ舞)を舞いますが、村雨が桜花を散らすのを見て、堪らず母を思う和歌をしたためます。その和歌に心を打たれた宗盛に帰郷を許され、熊野は母の居る東国へと急ぐのでした。

「村雨留」の小書がつくと、村雨に散る桜を目にした熊野が、中途で舞うのを止める様を表す演出となります。

 

舞囃子「烏頭」

生前明け暮れ烏頭を捕えては殺していた猟師。その殺生の報いによって死後、地獄で鉄の嘴を持つ化鳥に責め立てられます。休む隙もない身の苦しみを訴え、僧にひたすら救済を願うのでした。

 

舞囃子「是界」

仏法流布を妨げようと大天狗・是界坊が比叡山の僧正を魔道に引き入れようとしますが、逆に僧正の祈祷で現れた不動明王らによって追い払われ、退散します。

 

狂言「附子」

主人が所用のため外出することになり、太郎冠者と次郎冠者に留守を申しつけます。主人は葛桶を持ち出し、この中には猛毒の附子が入っているから留守の間しっかりと番をするよう命じますが、太郎冠者は桶の中身が気になって仕方がありません。次郎冠者が止めるのも聞かず、中を覗く太郎冠者。さて、その中身は・・・。

 

能「羽衣」盤渉

駿河国三保の松原の漁師白龍(ワキ)が浦の景色を眺めていると、空から音楽が聞こえ、妙なる香りが漂ってきます。これはただごとではないと驚く白龍。松の枝に美しい衣が掛かっているのを見つけ、近寄ってみると、かつて見たこともないような色香妙なる衣なので、家の宝にと持ち帰ろうとします。これを見咎めた天人(シテ)が、それは私の羽衣だから返すよう言いますが、白龍はますます羽衣を重宝し、国の宝とすると言って全く返そうとしません。羽衣がなくては空にも飛べないと嘆く天人。ただ涙に暮れるその哀れな姿を見て、白龍もやがて心を動かされ、「天人の舞楽」をここで舞ってくれたならば羽衣を返そうと言います。羽衣を受け取った天人は軽やかに舞い、そのまま空高く帰っていくのでした。

天人の羽衣伝説は各地に伝えられていますが、その多くが、天女と人間の男との結婚という展開をとるのに対し、能『羽衣』では、天人の舞楽を見せる点に主眼が置かれているのが特徴です。能『羽衣』と同様の天女舞伝承は、世阿弥の伝書『却来華』にも「駿河舞の書、是又、駿河の有度浜に天女天降りたりし来歴也(中略)其時の天の羽衣の袖、駿河の清見寺に留まりて、今にありと云ふ」と見え、あるいは、このような舞の起源伝承が元となって、能が作られているのかも知れません。

『羽衣』の第一の見どころは、何と言っても天人が舞う優美な舞です。「序ノ舞」「破ノ舞」と続けて二つも舞が舞われるのは珍しいと言えます。「盤渉」の小書がつくと、その舞の調子が通常より高い盤渉調になり、最後の場面も、シテが幕に入るのをワキが見送る形(ワキ留)になるなど、型に変化が付けられます。

 

チケット 12月1日販売開始

A席 ¥7,000(前売り ¥6,000)

B席 ¥6,000(前売り ¥5,000)

学生席(GB自由席) ¥2,500

 

 

申込み受付

○東京能楽囃子科協議会オンラインチケットサービス

チケットバナー_fig001

○観劇サイト「カンフェティ」チケットセンター

http://confetti-web.com/

電話受付

0120-240-540(平日10:00~17:00)

○国立能楽堂 窓口

 

国立能楽堂座席表

国立能楽堂の地図

国立能楽堂の所在地
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1


大きな地図で見る

お問い合わせ – infomation

電話番号: 03-6804-3114 (平日10:00~17:00)
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る